アイルランド&スペイン巡礼2017①ディングルからカミーノへ

ブログ更新ができないまま師走、そしてもうすぐ冬至。
外の華やかさとは対照的に心が内へ内へと向かうこの季節。
今年9月のライアー奏者ジョン・ビリング氏とのアイルランド巡業、
スペインでのソロライブ、そして2度目のサンティアゴ巡礼。
合間をみて、綴っていこうと思います。
(去年のアイルランド遠征は大晦日に投稿してました、、、
旧ブログの 蓮音日記

あわせて、なぜケルトの伝承歌を歌っているのか、
そして スペインのサンティアゴ巡礼へのきっかけも少し。
☆☆☆

2000年から在籍していたゴスペル・クワイア『Everlasting Joy』を辞め
ソロの歌い手として どう活動していこうか、とても悩んでいた時期。

沖縄が好きでよく旅をしていたのもあり 三線や島唄を習いはじめたものの、
沖縄民謡歌手を目指す気持ちは全くなく、、

沖縄ともなにか共通性を感じ、以前から惹かれていた、
アイルランドやスコットランドの伝統文化や音楽。
学生の頃はロックを歌っていたけど U2やシンリジィとかすごく好きで
アイリッシュ系のバンドには 何故か心震えるものを感じてた。

そしてタイミングが整い、憧れの彼の地、アイルランドに旅立ったのが2004年。

魂の故郷と感じるアイルランド南西部 ディングル半島。今でもケルト文化が色濃く残り
日常でもゲール語が話されている地域(ゲールタハト)のひとつ。

23390013

またディングル半島には多くの史跡が。石を円形に積み重ねて作られた
蜂の巣型の小屋ビーハイブ・ハット(Beehives huts)は
古代のケルト人たちが作った要塞、そしてキリスト教伝来以降は
ケルト修道士たちの生活と祈りの場だったようです。

ガララス礼拝堂

23340011

ケルト十字架はキリスト(十字)とケルト古来の信仰(円環)の融合のシンボル

23340012

そしてある時ディングル街中で、ふと見かけた教会コンサートの看板。

23340014

惹きつけられて、予約もしてなかったけど 飛び込んだ
鬱蒼とした木々やお墓に囲まれた、古い趣のある教会、St.James Church(聖ジェイムス教会)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

はじめて 現地で生で触れる ケルトの音楽。
Susan McKeown(スーザン・マッキュオン)の深みのある美しいアルトボイス、
アイルランドの打楽器 バウロンの振動が 心臓の鼓動みたいに伝わってくる。

どこか懐かしくて あたたかくて 切なくて、、
もう 全身全霊が揺さぶられて
やっぱり これだ・・・・!
心に決めた瞬間でした。

23340016

この時は その10年位後に まさか自分がこの教会で歌っているとは、、
夢にも思いませんでした。
そして日本に帰国し セッションに参加したりして、しだいにアイルランド関係の仲間もできだし
アイリッシュ音楽ユニットに誘って頂き、ライブではケルト伝承歌を歌うようになっていきました。
その後もアイルランドに歌を学びに通うたびに、ディングル半島やリング・オブ・ケリーは
必ず訪れていました。
この教会コンサートのオーガナイザーであり ディングル在住の敬愛するミュージシャン
イーリアンパイプ&ローホイッスル奏者のEoin Duignan。
彼のその音色には なぜか日本を感じます。

そして話せば長くなるので割愛しますが 本当に不思議なご縁のシンクロニティが重なり、
Eoinが声をかけてくれて、この聖ジェームス教会で
オープニングアクトで初めて出演させてもらった2012年。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日のメインアクト ディングル在住のゲーリック・シンガー&フルート奏者の
Muireann Nic Amhlaoibh とギタリスト&シンガーのGerry O’ Beirne 素晴らしかった!楽屋にて。

 

そして今年、アイルランド在住、ライアー奏者のジョン・ビリング氏と初コンサート。

p_20160907_192039

超満員のお客様に拍手喝采いただき、感無量。。
12年前にふらっと訪れて遭遇したスーザン・マッキュオンのコンサート。
憧れの歌手が歌っていた そして大事な決心をもらえた この場所で
年月を経て、歌わせてもらうことができ
本当に感謝・・。

%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-7-2016-10-05-17-36

ディングル在住の画家であり10年来の心友 Barbie Begleyと。

p_20160907_202218

そして また不思議なシンクロニティが。
実はスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへへの旅はここから始まりました。
かねてから パウロ・コエーリョの『星の巡礼』や映画を見て
サンティアゴ巡礼の道、カミーノを歩いてみたいと思っていた矢先、
この教会の楽屋として使われた部屋で 古ぼけたブリジットクロスの中の
帆立貝を見たとき、、 胸が熱くなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帆立貝はカミーノ・デ・サンティアゴ(サンティアゴ巡礼)のシンボル。
そして この教会の歴史的な資料発見。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

聖ジェームズ(St.James)とは キリストの十二使徒のひとり聖ヤコブ、
スペイン語名では聖サンティアゴ(St.Santiago)だったのでした。

この教会は昔 スペイン人たちによって建てられ
遠い昔、巡礼者たちは ここディングル半島からスペインの北西部コルーニャへと船で渡り
サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あ、これは導かれていいる、、胸がドキドキしました。
そして去年2015年 はじめてのカミーノ巡礼。
(カミーノ旅日記にも また追々綴りたいと思います)

4a63c963-5f6f-4d00-9228-f80b6747824c-jpg-fb

そして このディングルには 中世の物語『聖ブレンダンの航海』でおなじみの
船乗りケルト修道仕ブレンダンが旅だった ブランドン入江(Brandon Creek)をはじめ
ブレンダンにちなんだ場所が たくさんあります。

ブレンダンが求めていった 西の海の彼方にある『神との約束の地』。
ケルトの神話の中にも登場する 『常若の国(ティルナ・ノグ)』と重なる。
そして 沖縄の土着信仰 海の向こうの神々の理想郷『ニライ・カナイ』も。。。

西へ西へと追いやられ、 ‛ここではない 何処かへ’
流浪を繰り返してきた 遠い昔のケルトの民や
布教のために 命がけの航海に出ていった
中世のケルト修道士たち

いにしえの彼等の ‛流浪’ の魂が
自分の奥深いところにある 何かと
共鳴しているのを 感じるのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク