いざ、霊性の時代へ! 長堀 優  特別講演会 @奈良 飛鳥画廊

かねがね読んでみたいと思っていた 「いざ、霊性の時代へ!」の著者
『魂の医師』長堀 優 先生 の特別講演会が 4月24日 奈良、飛鳥で開催されます。
目次を読んでるだけても、胸が高なります!
本の帯に書かれてある
【コロナを越えてミロクの夜明けは日本から
どちらに向かうか 地球船の鍵は 日本人が握ります】
心の奥に響くと同時に、何かしら 背筋が伸びるような気持ちがします
wake-up call✨☎
けっして選民意識でなく
昔の日本の人達が 日々の中で ふつうに持っていた
霊性  自然-神を敬い 自然-神と共にあり
大調和の心にあった暮らし
ご縁の皆様に どうか届きますように✨
※私は 休憩時間に2曲ほどライアー(竪琴)で弾き語りさせて頂きます。
音楽療法にも使用される竪琴、ライアーを考案した
ドイツの思想家である ルドルフ・シュタイナー
長堀先生の著書 「いざ、霊性の時代へ!」にも
シュタイナーのベーシックインカム構想
~愛の循環が新たな社会を創設する~
という目次もあり 大変興味深いです
以下 主催のAmitara(アミターラ)さんのページより転載させていたます。
☆☆☆
大転換期の時代、この地球に暮らす私たちにとって先生がお伝えされることは天から望まれている大切なことばかりと感じています。
先日の矢作直樹先生とのwebシンポジウムも100名を超える方々がご参加されました。
育成会横浜病院の院長であり、ご多忙を極めておられる長堀先生と実際にお会いできる数少ないリアル講演会です。
もうすでに続々とお申し込みが入ってきてます。
お席に限りがあります。お早めにお申込みお願いします。
以下長堀優先生からのメッセージです。
『いざ、霊性の時代へ!』
混沌とした雑駁な空間を一定の状況に収束させるのは人の意識です。これは、量子論が導く宇宙の大原則です。
ならば、混乱の極みを迎えたこの地球がどんな未来を迎えることになるかは、我々の集合意識次第と言えます。人類の未来は、我々が未来への希望を共有できるかどうかにかかっているのです。
日月神示は、日本人は今の試練を乗り越え、”嬉し嬉し”の「五六七(みろく)の世」を実現させる、と予言しています。567・コロナの先に五六七・みろくの世がやってくると語っているのです。
「五六七の世」を考える上で欠かせないキーワードは、「霊性復活」と「自然回帰」です。「争い奪い合う」弱肉強食の経済の崩壊は、「与え分かち合う」愛が循環する経済を実現させるチャンス、その時地球にミロク(369)の世が到来するのです。
そのために必要な我々の意識や覚悟について考えます。
【日時】
2021年4月24日(土)
14時15分〜17時15分まで
(開場13時45分〜)
途中休憩あり
*お手洗いは一箇所の為、
基本的に関係者使用になります。
(ご高齢の方や身体の不自由な方を除く)
休憩は少し長めにお取りしますが
極力会場にお入りになる前に、駅前の公衆トイレで済ませて頂きますよう、ご協力お願いします。
【場所】
画廊 飛鳥
〒634-0144 奈良県高市郡明日香村大字平田260
0744-54-5533
【アクセス】
近鉄吉野線 「飛鳥駅」徒歩2分
【 金額 】
3500円(税込)
*キャンセルポリシー
開催日の1週間前(4月17日から)ご返金に応じかねますのでご注意下さい。
【定員】
60名
Facebookページ
(拡散の為にも参加か興味ありのボタンを押していただければ幸いです。)
【開催企画】
Amitara(アミターラ)
ー 目次より ー
『いざ、霊性の時代へ』
~日本が導くアセンションへの道~
第1章 宇宙の根源は愛
 ~ミロクの夜明けは日本から~
◉日月神示が告げるミロク五六七の世界
◉すべての存在に命がある
◉霊性と科学
◉永井隆博士の言葉
◉霊性の時代の夜明け
第2章 愛が導く地球の次元上昇
~いよいよ魂の総決算のとき~
◉宇宙には善も悪もない
◉陰陽相和す心
◉覇権主義派と自然主義派の相克
第3章 失われゆく日本の心
~跋扈する覇権主義派の魔物~
◉あるユダヤ人の懺悔
◉国際銀行家と明治維新
◉踏み付けにされた道徳観と倫理観
◉国際銀行家による欧州王室打倒
◉日本を大東亜戦争に駆り立てたもの
◉教育破壊による歴史と神話の抹殺
◉占領は今も続く
◉闘争本能剥き出しの獣への道
第4章 翳りゆく国際銀行家の栄華
~迫りくる経済大激震~
◉世界支配戦略の綻び
◉絶望からの反抗
◉ミツバチと種を守れ
◉春雷の響き 日本でさらなる反抗が始まる
第5章 愛に溢れた社会の実現へ
~ベーシック・インカムを考える~
◉新型コロナウィルスと日本
◉自由な感性が未来を拓く
◉シュタイナーのベーシックインカム構想
~愛の循環が新たな社会を創設する~
◉八紘一宇とは
第6章 日本人の神力が世界を変える
~二〇二〇年は弥勒の世の幕開け~
◉長崎・福島からの光
◉アメリカ先住民の叡智が蘇る
~地球のケアテイカー~
◉愛のホルモン オキシトシンの科学
◉神力と学力
◉今年は時代大転換の節目
◉桃太郎が示す日本人の役割
第7章 コロナが拓く新時代
    ~567から五六七へ~
◉霊性の目覚め
◉コロナによる社会の建て替え
 おわりに
(コラム)心霊現象の科学的探究
心霊研究発足の日
フォックス家事件とは
フォックス家事件の衝撃
英国への広がり
SPR(心霊研究協会)の設立とその後
スポンサーリンク