ライアーと歌の暗闇コンサート@那覇プンガポンガ

ライアー奏者、ジョンビリング氏との沖縄ツアー最終日は、昨年に引き続き那覇牧志のブラジルカフェ・Punga Ponga(プンガポンガ)さんにて『ライアーと歌、暗闇コンサート』

照明を落として暗くし、ライアーの繊細で光のような響きに聴き入って頂けるように。

オーナーの翁長巳酉 (おながみどり)さん制作の素敵なスライドをバックにスタート。

前半はアイルランドを中心にケルトの歌や音楽をお届けしました。

後半のジョンさんのソロのコーナーでは完全に真っ暗闇に。

ライアーの光のような繊細な静かな音色に耳を傾けることは

自分の心の奥深い声に、耳をすますことにもなります。

そんな大切なことをライアーはいつも教えてくれる。

素晴らしいジョンさんのオリジナルの曲の数々、そして

私の朗読とのコラボレーションも。

View this post on Instagram

「聴こえる?」 ライアーの繊細な音色に、そして自然界の小さな囁きに、そっと耳を傾けることは、 内なる心の声に耳をすますこと。 そんな大切なことをライアー(竪琴)は教えてくれる。 ライアー/ジョンピリング 語り/高野陽子 【ライアーと歌、暗闇コンサート】@沖縄那覇Punga Pongaにて #ライアー #ジョンピリング #Pungaponga  #lyre #ライアーヒーリング #プンガボンガ #ヒーリング #soundhealing #サウンドヒーリング  #竪琴 #那覇カフェ #沖縄カフェ #牧志カフェ #暗闇カフェ #ヒーリングミュージック #healingmusic

A post shared by Yoko Takano/ Singer/高野陽子 (@yokotakano_singer) on

アンコールではパーカッショニストでもある、翁長巳酉 (おながみどり)さんにも入って頂き

(ブラジルの打楽器で)イングランド民謡のスカボロ・フェア―をご一緒しました。

残って下さったお客様と、スタッフしてくれた有川健さん、夏本道子さんと

みどりさんお手製、美味しいブラジルご飯とお酒で打ち上げ交流会で楽しいひととき。

今年のジョンヨーコ@沖縄ツアー3デイズは無事に終了しました。

こうして今振り返ると、予期してないところで、お力添え下さる人が現れたり

天使か妖精?目に見えない存在達も

このご時世の中でも、今回の沖縄ツアーが無事に運ぶように

手助けしてくれたかのように思えました。

みなさま、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク