2018スペインツアー ブルゴス編

この夏のスペインツアー、そしてガリシア音楽修行旅の思い出。毎年Facebookではちょくちょく投稿できてるのですが、ブログ放置になるので、こちらでも綴れたらと。

まず、ここ3年ほど連続で主宰して頂いてる、ブルゴスのFestival Babieca Folk
フェイスブックページ

現地ミュージシャン、ギタリストのMiguel Angel Azofra Palenzuela とフルート奏者のSara Iglesiasと今年も共演させて頂きました。

今年の春にリリースした2nd アルバム『モルーア』に収録したガリシアの歌
「No niño novo do vento(Quen Poidera Namorala)動画、宜しければご覧下さい♪

2daysだったのですが 両日とも素敵なシアターでした。

アイリッシュやスペインのガリシア地方などを中心にケルト音楽を。

三線ソロで 沖縄民謡も。

チーム Festival Babieca Folk 

本当に気さくで優しくて、結束力高い!スタッフのみなさん、ありがとうございました♪

スペインの人達はほんとに家族を大切にするし、友達もいつも同じメンバーでつるんでて(笑)仲間意識がすごく強くて友達想い。

聴きにきてくれた、スペインのアミーゴと ドラゴンボール対決再会!

実は去年、アミーゴたち、日本に来てくれました。平安神宮での最初の対決の一コマ。

青空に白く輝く 世界遺産のブルゴス大聖堂。スペインゴシック様式の三大カテドラルの一つ。
初めて歩いた2015年のカミーノ・デ・サンティアゴの巡礼手帳の
ひとつめのハンコはブルゴス大聖堂で。私にとって いつも「はじまり」の場所。 そして大切な大好きな仲間がいる場所。

そして次のコンサートの地 マドリードへ。

スポンサーリンク